この映画のスタッフはやりません

信頼をおいている

スタッフのひとりである竹さんに

映画「Ben-Joe」のスタッフとして

参加して欲しいと頼み

こう言われた時のショックは

今でも忘れられない


映画「Ben-Joe」は

内容があまりにハードすぎて

そんな撮影に付き合うことは

困難だというのだ


彼は心遣いの人

心遣いの足りない自分には

彼はなくてはならない存在だ


キャストやスタッフ

制作に協力してくださった方々への

心遣いは神懸かっている

まさに彼こそが

「三河映画の誠実」だと思っている


だからどうしても制作に

必要だとお願いをし

参加してもらえることになった


しかしスタッフになって

献身的に活動してくれながらも


「完成しても観ません

いや観られません」


そう言い続けていた


そんな彼が「Ben-Joe」の

スクリーニング会場に現れた


そして上映…


上映後 彼のもとへ行き

恐る恐るどうだったかと尋ねると


「良かったです…」


笑顔でそう言ってくれたとき

めちゃくちゃ嬉しかった


津具の山の中での

撮影はもちろん

セットの建設

ワークショップ合宿などなど

本当に献身的に動いてもらった


上映後話をしていて

彼がやってきてくれたことの数々が

胸の中に去来し

そんな彼の努力や苦労が報われたと

彼が思ってくれている

そう思うと

安堵感と喜びでいっぱいになった


監督 岩松あきら


※写真は「Ben-Joe」のセットを建てている竹内さん