ニシヘヒガシヘ

先日伊勢志摩映画のメンバーから話があり

志摩市長とまちおこし映画について語りあってきた


今度は群馬のとある町から

まちおこし映画について

話を聞かせてもらえないかという依頼を受けて

東海道新幹線と上越新幹線を乗り継いで群馬へ


駅に降り立つと

文化振興財団の理事さんの笑顔に出迎えていただく

理事さんの車で町役場へ


町長さんたちに

三河映画の経験をもとに

まちおこし映画について

1時間半ほど意見交換をさせていただいた


その話し合いの前後には

美味しい料理をご馳走になったり

手作りの尺八をいただいたり

温泉に浸からせていただいたり

至れり尽せりのおもてなしをしていただき

至福の時間であった


各地域には

それぞれの名産や特産があり

美しい風景が広がっている

そして温かい人たちが集まっている


そんな魅力を集結させられたら

きっと素敵なまちおこし映画が

生まれることになるだろう


帰りの新幹線の中で

そんなことを考えながら

次はどんなまちへ向かうのだろうかと

まだ見ぬまちへと想いを馳せていた


監督

岩松あきら


※写真は尺八を制作している方の小屋