ワークショップ合宿 初日後編

キャンプファイヤーなんて小学生以来だ

参加者の方たちはそう言いながら

スマホを炎に向けてシャッターを切る


上映会に間に合わなかった人たちの顔も

次々と暗闇の中に浮かび上がる


途中ファイヤーの炎が弱まると

少年時代ボーイスカウトをしていたという参加者の方が

蒔きササッと組み替える

すると またたくまに

ファイヤーが息を吹き返し

「おお~!」という声があがる


火の粉を追って見上げた先には

満天の星空

台風一過で星がヤバいほど美しい


参加者たちが童心に戻る時間

炎に照らされた赤い顔は

彼らの少年少女の顔だったのかもしれない


少年少女の気持ちを忘れない仲間が集まり

いよいよ映画制作は動き出すんだなと思う


岩松あきら