人が育つ喜び

今回のブログでは

「Ben-Joe」の撮影現場で思ったことを

少々書いてみます


映画の撮影現場では

照明マンとカメラマンとの

関係は非常に重要


前作「幸福な結末」で

照明助手をしていた沓澤君が

今回「Ben-Joe」では

カメラマンとして参加


三河映画2作続けての参加で

非常にコミュニケーションが

取りやすかったのもさることながら


前作で彼に伝えたことを踏まえて

本作を撮ることができている


作品を追って

スタッフが育ってきていることを実感出来たこと

これが何より感慨深かった

三河映画の現場の良さを

改めて感じることが出来た瞬間だ


やはり何でも続けることは大切だ

照明についてまだまだ教えていきたいし

映画制作を通じて

もっとたくさんの人たちと会いたいと思っている


三河映画第3弾で

若い世代や

定年になってゆとりのある世代と

繋がっていけることを願っている


そのためにも

まずは「Ben-Joe」を多くの人たちに

観てもらわなくては…


「Ben-Joe」の上映が

今後の映画制作を通したまちおこしの

起爆剤になっていってほしい


三河が映画のまちになっていったら

どんなに素敵なことなんだろう


照明担当

古川良則