多くの人が共感できる物語

元マラソン選手が万引きで

逮捕されたこともあり

最近クレプトマニア(窃盗症)が

テレビなどのメディアで

話題になっている


その選手は過酷な体重管理から

食事制限をし

その反動で摂食障害になり

クレプトマニアも併発したらしい


「Ben-Joe」のヒロインも

摂食障害に陥り

クレプトマニアも患っているのだが


この元マラソン選手の

インタビューを見て

改めて「Ben-Joe」で

描かれていることは

ひとつひとつが

リアルであることを痛感した


「Ben-Joe」は実話を基にしている

事前にじっくり取材に時間をかけ

膨大な資料を参考にして

何度も何度も話し合いをしたうえで

脚本を書き上げている


監督と脚本家が魂を込めた

現代社会に対する

力強いメッセージがある


そのメッセージを伝えるため

キャスティングや

ロケハンにも時間をかけ

セットも建てて

他にもさまざまな準備に

時間をかけてきた


リハーサルでも撮影現場でも

編集段階に於いても

ブラッシュアップを

何度も繰り返してきた


良い映画をつくりたい

という想いだけでなく

今の世の中に一石を投じたい

そんな熱い想いがあるからだ


自分の価値を

体重や体型に求めてしまうのは

報道の元マラソン選手や

「Ben-Joe」のヒロインだけに

限ったことではないだろう


「Ben-Joe」の物語は

多くの人たちが共感し

自分自身を振り返ることのできる

そんな作品になっていると思う


制作 坂本由佳(彬田れもん)