小さな役の支え

エキストラさんというのは

ともすれば重要な役ではないように

思われがちだが


彼らは映画の

世界観を決定づける

大事な役目を果たす


彼らが存在するか否かで

映画は別物になる


それは1シーンだけの出演の

役者さんたちについても同じ


今回

スポーツジムの先輩役を演じた

川崎さんはその中の一人


1シーンに出演するために

東京から駆けつけた役者さん

前作「幸福な結末」同様

今回の撮影でも

独特の存在感を示してくれた


撮影終了後

そんな彼から

三河映画の事務局にメールが届く


以下はその抜粋


“現場に入り、生意気ですが3年前にオーディション受けて本当に本当に良かったです。商業映画には少ない細部までの沢山の愛、妥協のない映画作品への情熱をみさせて頂き胸が熱くなりました!”


そして三河映画の

キャスティング・ディレクターは

1シーンだけの出演の役者さんの撮影日や

エキストラさんが出演する撮影日には

無理をしてでも現場に

駆けつけて出演者の方に声をかけてくれる


そんな彼の思いが

役者さんやエキストラさんたちにも

伝わっているのだと思う


エキストラさんたちと

絡める撮影もあとわずか

楽しんでいきたいと思う


岩松あきら



※写真(上)はスポーツジムの撮影でのエキストラさんとの打ち合わせ風景

写真(下)はスポーツジムでの撮影中のスナップ(左端が川崎さん)