役者から見える景色 -制作チーフ編-

私が三河映画を知ったのは

約2年半前のこと

三河映画ホームページにあった

“Ben-Joe”の予告映像でのこと


そこに映っていた役者

坂本由佳


画面を通して

私が最初に出会った

三河映画のメンバー


本人を直接見たのは

制作発表当日

制作チーフとして駆け回る彼女だった


“Ben-Joe”では

役者でありながらスタッフとして現場に関わる

そんなメンバーが三河映画には何人もいる

彼女もその1人であった


三河映画との出会いには

ひとりひとりのドラマがある


なぜ役者ではなくスタッフとして

今回の“Ben-Joe”に関わる決意したのか?


私は彼女たちの口から

直接聞いたことはありません


でもわかります


私が見てきた

三河映画のメンバーたち

誰もが最後まで

やり遂げようとする“覚悟”がある

その“覚悟”こそが

彼女たちの決意の理由そのものではないかと


どんな関わり方であっても

“覚悟”を貫ける人間になること


これこそが

三河映画のメンバーの

決意なのではないかと思います


だから彼女たちは

自らの気持ちを

自分自身のしっかりとした行動で

示していたのだと思います


その“覚悟”を世界へ

夢を見続ける全ての人に伝えて欲しい


いい映画とは

全員が同じ方向を見ている

そんな姿の向こう側にあるのです


そして私が早紀として

画面の中で生きるベース

それは

彼女が演じた早紀なのです


「Ben-Joe」早紀役 石川野乃花



写真は、撮影のケイタリング準備中の制作チーフ:坂本由佳