津具との別れ

津具に建てたセットでの撮影も

ほぼほぼ終了


怒濤の2か月半の合宿生活に

終止符を打った

キャストもスタッフも

まさに闘いの日々であった


そして

地元の方々への

感謝の日々でもあった


セットや合宿所を

用意してくださったことをはじめ

イントレ※ 照明 カーテンや絨毯 洗濯機 机 椅子…

挙げればきりがないほどの

小道具や大道具の協力

料理などの消え物の準備に

日々の食事の用意…


ここでは書き切れないほどの

協力をしていただいた


そんな津具の方々が

撮影の“お疲れ様会”を開いてくださった

会場に着くと

机には食べきれないほどの料理の数々


撮影を終えて

感謝をしなければならない私たちが

逆にもてなされてしまい


挙げ句の果てには

“津具で撮影をしてくれてありがとう”

そう言われてしまう


まったく津具の方々は

そういう人たちなのだ


私たちは間違いなく

津具の方々の支えなしでは

セット撮影を終えることができなかった


津具の地を離れることが

今から淋しくてならない


監督 岩松あきら


※イントレ=鉄製パイプを使った組み立て式の足場

(写真はセット建設地)