“火田詮子”という唯一無二

“様々なプレッシャーが大波のごとく押し寄せ

60歳過ぎて立ちはだかる壁との闘いだった“


これは“Ben-Joe”で

ヒロインと渡り合う

先生役を演じた火田詮子の言葉だ


彼女は地元が誇る重鎮俳優

“Ben-Joe”の現場では

様々な苦労が彼女を襲った


膨大なセリフ・特殊メイク・体を張った演技・てっぺん(※)を超えても続く撮影の日々等


しかし現場ではそんな辛労辛苦など

微塵も感じさせず

早朝から元気に合宿所に現れ

現場の士気を上げ

撮影中はどんなに待ち時間が長くなろうが

どんなにリテイクが重なろうが

そして、どんなに撮影時間が遅くなろうが

一切不平のたぐいは口にせず

真摯に演技に打ち込む


それどころか

いつも共演者の人たちやスタッフに気を遣い

場を和やかな雰囲気にする

ベテランにもかかわらず

その謙虚な姿勢に感心することしきりだった


私が彼女を初めて目撃した

朗読会での語り

その気迫はそのまま

“Ben-Joe”へと注入された


すべての撮影を終え

彼女は撮影についてこう振り返った


“諦め感のない穏やかで熱い現場

遠いと感じていた津具の道のり(※)が

日に日に近くなっていった”と


彼女は本当に唯一無二

かけがえのない存在だと

今回の撮影を通して改めて感じさせられた


監督 岩松あきら


※てっぺん:深夜0時

※彼女は毎回約200キロを自家用車で早朝深夜を往復していた