粗編集からの長い道のり

これほど編集で苦労するとは

思ってもみなかった

これが今の正直な気持ちである


撮影現場では

脚本通り撮れない条件があったり

新たなアイディアが浮かんだりして

脚本から多少の変更をすることもあるが

大方脚本通り撮影をして

大方脚本通り繋いでいく

一般的に映画の“編集”というと

そんなイメージかと思う


そんなイメージ通り

「Ben-Joe」も脚本に近い形で繋いだ粗編集(※)を行い

その後 短く刈り込んでいく作業を行い

2時間40分程度のバージョンが出来上がった


しかしここからが

悪夢の始まりだった


できる限り2時間に近づけるため

大幅にシーンをカットし

シーンの順番を大胆に入れ替えたり

撮影素材を使って脚本にない新たなシーンをつくりだしたりと

格闘に格闘を繰り返している


編集のアイディアに行き詰まった時

思い出すのがこのエピソード


ウッディ・アレン監督は

「無快感症」という殺人ミステリーを粗編集したら

3時間以上になってしまったらしい


困り果てたウッディ・アレン監督は

編集者に恋愛のシーンだけを繋いだらと助言される

その助言を受け入れ編集を重ね

タイトルをヒロインの名前に変更して完成させたのが

アカデミー最優秀作品賞を受賞した

「アニー・ホール」なのだ


このエピソードを思い出しながら

試行錯誤を繰り返し

「Ben-Joe」は現在

何とか2時間10分台までに漕ぎ着けた

はたして終わりは近いのか


監督 岩松あきら


※ 粗編集とは、すべての撮影素材からNGカットを除いて、概ね脚本に従って大雑把に繋ぐ作業。

写真は、「アニー・ホール」のポスター(「Internet Movie Database」より)