天気待ち

愛知県設楽町津具

ここでの映画「Ben-Joe」

のセット撮影が

ひと段落してはや4か月


秋から冬にかけての

屋外のシーンの撮影のため

再び津具などの山での

撮影が始まった


屋外の撮影で大変なのは“天気”!


映画のワンシーンは

複数のカットで構成されていて

天気や光の具合を

統一する必要がある


しかしこればかりは

人間のコントロールの効くものではない

そのため天気が理想の状態になるまで待つ


巨匠黒澤明も理想の映像を撮るために

“天気待ち”を何時間もしたらしいが

“天気待ち”のせいで

撮影が順調に進められず

雨で撮影できないとなれば

スケジュールが丸一日

潰れてしまうことだってある

それでも粘り強く天気を待つ


時にはゆっくりと流れる雲を

焦ってもしょうがないと

みんなで見上げる穏やかな時間も

撮影の醍醐味である


晴れ間が見えた瞬間…

「今だ!」と

現場のスタッフ・キャストが

素早くまとまる


大事な一瞬を逃さず

監督の声が響く

“よーい スタート!”

こうして撮影は

着実に進められていく


助監督

高橋ゆな