スタッフの突撃訪問

先日の話

三河映画のスタッフが

突然私の自宅を訪ねてきた


私は外出していたが

家族から連絡を受けて

何事かと慌てて自宅に駆けつけた


家に戻るとそのスタッフから

「泡銭が入ったので制作資金にして欲しい」と

封筒を渡される


「泡銭が入った」と言うが

今はコロナの影響で

誰しも経済的に余裕がない時期

そのスタッフだって余裕があるはずがない

それなのに自分のことより

三河映画のことを考えてくれていることに

驚きと感謝で胸がいっぱいになった…


MA(音調整)が終わった後も

私は日々パソコンの編集ソフトを立ち上げ

「Ben-Joe」の細かい修正を続けているが


側(はた)から見たら

何も動いていないように見えるはずなのに

彼は私が映画制作を動き続けていることを

きっと信じてくれているのだと思う

SNSなどでそうした発信をしていなくても

彼の想像力で分かっていてくれたことが

とても嬉しかった


仲間に支えられて

ここまでやってこれたんだなぁと

改めて感じた日となった


監督

岩松あきら